VIVANT ドラマ 名作ドラマ

日曜劇場VIVANT第7話 あらすじや考察、伏線や感想、口コミなどを紹介します。

※アフィリエイト広告を利用しています

日曜劇場VIVANTの第7話が8月27日に放送されました。

それでは、内容と感想を紹介していきます。

*この記事では、ネタばれが含まれています。

内容を知りたくない人は読まないようにしてください。

また、過去回を見逃してしまって、初回から見ていきたい人には、U-NEXTが便利です。

スポンサーリンク

衝撃すぎるラストシーン

今回は、ラストシーンが衝撃すぎて、他のシーンの印象がないくらいでした。

それほど、ラストシーンは個人的に意味を理解しにくいストーリーでした。

テントのNO2であるノコルを人質にとったまでは良かったです。

「さすが別班!お見事!」といった感じでしたが、乃木が急に他の別班メンバーを撃ち始めて、軽くパニックになりました。

そして、自分の正体を明かし、父であるノゴーン・ベキに会わせてくれ、と言うのです。

急所を外して一命をとりとめた黒須が乃木に、「潜入のための演技ですよね?」と聞いてもどうもそうではないらしい。

怒り狂う黒須に、「君にぼくの気持ちはわからない」と、本当に別班を裏切ったことを示唆していました。

そこにベキが現れ、次回に続く、、という話でした。

本当に別班を殺したのか

野崎たちが駆けつけた様子から、別班たちは本当に死んでいたようには見えました。

でも、もしかしたら実は生きているかもしれません。

そう願いたいです。

なぜ裏切ったのか

テントのリーダーベキの暗殺が別班の使命で、かつチームでの行動だったので、ベキに会って暗殺することはあっても、じっくりと話す機会はないと考えたのでしょう。

しかし、ノコルに寸前のところで助けられたところから死んでもおかしくない賭けでした。

また、この行動をもう一人の乃木は止めれなかったのでしょうか?

贅沢なキャストの使い方

別班メンバーは一癖も二癖もありそうなキャラクター達でしたが、あっさり殺されてとても残念でした。

セリフもほとんどなかったように思います。

主要キャストの使い方もそうですが、本当に贅沢な俳優の使い方をするドラマだなー、と思います。

薫との恋

薫とはかなり良い関係になったようです。

キスが初めてで泣くってのは、いくら別班で奥手だとはいっても違和感ありました。

それほど仕事のできる男が50近くまで何もないってのは、さすがに情けなくないか、とは思いましたね。

まあ、ちゃっかり自宅メシを誘って一晩泊めてしまってはいるのですが。

あとは、薫のテント説は今回ではなくなったのかとは思います。

VIVANT第7話の口コミ

悪い意味で衝撃を受けている人が多いようです。

本当に、黒須に同情してしまいます(涙)てきています。

VIVANTの過去回をみるならU-NEXT

VIVANTは、U-NEXTで過去回が観れます。

今なら31日間無料で観れるので、見逃した人にもオススメです。

もちろん、「VIVANT」以外にも過去のドラマを多く見ることができます。

気になる人は、公式ページでチェックだけでもしてみてください。

31日間無料のサービスは、いつ終了するかわからないですから。

日曜劇場「VIVANT」を観るなら、U-NEXT

日曜劇場「VIVANT」を観るなら、U-NEXT

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-VIVANT, ドラマ, 名作ドラマ