VIVANT ドラマ 名作ドラマ

VIVANTのエピソード、キャストや俳優の役について紹介します。

※アフィリエイト広告を利用しています

話題沸騰の日曜劇場VIVANTですが、シリアスな本編とは別に制作秘話などのエピソードなどもファンなら気になるところです。

この記事はそんなファンの興味を引きつけるようなエピソードやキャストの様子などについて紹介していきます。

スポンサーリンク

VIVANTの過去回をみるならU-NEXT

VIVANTは、U-NEXTで過去回が観れます。

今なら31日間無料で観れるので、見逃した人にもオススメです。

もちろん、「VIVANT」以外にも過去のドラマを多く見ることができます。

気になる人は、公式ページでチェックだけでもしてみてください。

31日間無料のサービスは、いつ終了するかわからないですから。

日曜劇場「VIVANT」を観るなら、U-NEXT

日曜劇場「VIVANT」を観るなら、U-NEXT

 

ブルーウォーカーは誰?

丸菱商事の事務員である太田梨歩、かつブルーウォーカーの女優は、飯沼愛さんという女優です。

飯沼愛さんは、2021年、田辺エージェンシー×秋元康×TBSがタッグを組んで実施しているTBSスター育成プロジェクト「私が女優になる日_」で約9000人の中から1位に選ばれ、芸能界デビューしました。

個人的には、「アトムの童」のゲームカフェの店員の印象がありますが、その時は顔も覚えていない感じでした。

それが今や豪華俳優陣の中でしっかり存在感を発揮しました。

まだまだ迫力は足りない感じはしましたが、今後より魅力的な女優さんになってほしいですね。

 

松坂桃李の出演理由

豪華出演の一人である松坂桃李も、初期の豪華出演者に魅了されたそうです。

松坂桃李は俳優界の噂で、「堺雅人と役所広司、阿部寛が出演する豪華ドラマが制作される」という情報を得ました。

そしてその豪華さに感動して、「何の役でも良いから出演したい」と思ったそうです。

それが黒須という役になったわけです。

「何の役でも良いから。」でお願いして、タイトルの5人の中に入るのだから、松坂桃李もすごい俳優ですね。

 

ドラムは誰?

ドラム役は、富栄ドラムは現ユーチューバーで元力士です。

1992年4月11日生まれ、兵庫県出身。本名は冨田龍太郎です。

バク転力士としてバズり、約3年で登録者数40万人を超える人気YouTuberとなっています。

これまた話題のドラマNetflixの「サンクチュアリ -聖域-」にも出演しています。

ドラムって名前は役名とも同じなんですね。

野崎こと阿部寛とコンビで現れ、愛くるしい笑顔でとても人気者になっています。

スマホで話すっていうのも、良かったですね。

チンギスって誰?

チンギス役は、モンゴル人俳優のバルサーこと、Barslkhagva Batbold(37、バルスルハグヴア・バトボルド)です。

バルサーは1986年2月、モンゴルの首都・ウランバートル生まれ。

モンゴル国立芸術文化大学の演劇クラスに入学し、テレビと演劇でキャリアをスタートしました。

これまで20本以上の歴史映画や現代映画に出演し、映画製作やプロデューサーとしても活躍しています。

現在は妻と3人の子どもとウランバートルに住んでいます。

ドラマの序盤は本当に憎たらしかったですが、野崎の味方になると、なんと愛くるしいことか。

ドラムとともにこのドラマの癒し系となっていますね。

 

めちゃくちゃ良い人そうです!

 

スポンサーリンク

VIVANTの過去回をみるならU-NEXT

VIVANTは、U-NEXTで過去回が観れます。

今なら31日間無料で観れるので、見逃した人にもオススメです。

もちろん、「VIVANT」以外にも過去のドラマを多く見ることができます。

気になる人は、公式ページでチェックだけでもしてみてください。

31日間無料のサービスは、いつ終了するかわからないですから。

日曜劇場「VIVANT」を観るなら、U-NEXT

日曜劇場「VIVANT」を観るなら、U-NEXT

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-VIVANT, ドラマ, 名作ドラマ