お役立ちグッズ

日傘の色がベージュの効果と3つのメリット、黒と白の比較も紹介します。

※アフィリエイト広告を利用しています

夏の必需品となりつつあるのが日傘です。

人気の色としては、ベージュ、黒、白があります。

それぞれの効果を紹介します。

また、ベージュのメリットや口コミなども紹介します。

▼人気のベージュ色の日傘はこちら

Wpc. Wpc エッジドット 日傘 オーバーライド ファッション雑貨 折りたたみ傘  ベージュ

スポンサーリンク

日傘の色がベージュのメリットは?

日傘の色がベージュのメリットは以下の3つです。

メリット

  • 印象が良い
  • 他の色との相性
  • オールシーズン

 

印象が良い

日傘の色がベージュであれば、ファッションに洗練された印象を与えることができます。

ビジネスシーンからカジュアルなデイリースタイルまで、どんな場面にも合う万能アイテムな色です。

他の色との相性

ベージュは他の色との相性が良いです。

服装や小物とのコーディネートもしやすく、他のカラーと組み合わせてオシャレなスタイリングを楽しむことができます。

ベージュの日傘は着る服などの色を選ばないので使いやすい色です。

オールシーズン

ベージュは季節を問わず使いやすい色です。

春から夏、秋から冬まで、さまざまな季節に対応することができます。

一年中活躍してくれる日傘の色です。

ベージュの日傘の効果

ベージュの日傘は、淡い色合いが特徴的です

そして、太陽の強い日差しを穏やかに反射します。

そのため熱を吸収しにくくなり、日傘の生地が熱くなりにくい特徴もあります。

紫外線をしっかりガードしながら、涼しく過ごせるのがベージュの日傘の魅力です。

特に肌へのダメージを気にする女性にはぴったりです。

 

 

 黒の日傘と白の日傘の効果

次に、黒の日傘と白の日傘の効果について、紹介します。

黒の日傘の効果

黒の日傘は太陽光を吸収し、紫外線をカットしてくれます。

そのため紫外線カットが最大の目的の場合は、外側が黒の日傘が効果的です。

白の日傘の効果

白の日傘は、清潔感があり涼しげな印象があります。

ベージュの日傘と同様に太陽の光を反射して熱を吸収しにくくする効果もあります。

日傘の色はベージュや黒と白どれが良いか

日傘の裏側の色は黒やネイビーなどの濃い色を選ぶ方がより紫外線対策に効果的です。

地面からの照り返しがあるため、裏側が白やベージュのように光を反射する色だと、自分の肌に光が当たってしまいます。

UPF指数

最近は、UVカット率に加えて「UPF」を謳っている日傘もいくつか登場しています。

UPFとは、『UltraViolet Protection Factor』の略で、紫外線保護指数と言います。

具体的には、何もない状態で光が肌に当たったときと比べて、肌のダメージをどれだけ遅くしてくれるかを示す指数です。

たとえば、UPF20だと通常より20倍遅く、UPF50だと50倍遅くなります。

基本的には、日焼け止めに表示されるSPFと同じような考え方で、UPFは主に衣服に表示されるものです。

ベージュの日傘の口コミ

 

 

まとめ

今回は、日傘の色のベージュの効果とメリットを紹介しました。

効果としては、紫外線をしっかりガードしながら、涼しく過ごせるのことです。

メリットとしては、以下の3つがあります。

メリット

  • 印象が良い
  • 他の色との相性
  • オールシーズン

今回の記事を参考に、ベージュ色の日傘についてチェックしてみてください。

▼人気のベージュ色の日傘はこちら

Wpc. Wpc エッジドット 日傘 オーバーライド ファッション雑貨 折りたたみ傘  ベージュ

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-お役立ちグッズ