お役立ちグッズ

プロジェクターの価格が3万円以下のおすすめ5選!プロジェクターの選び方を紹介します。

※アフィリエイト広告を利用しています

プロジェクターが欲しいけど、

  • どういったものを買えばわからない
  • なるべく価格を抑えたい

そんな方に向けて、プロジェクターを買う基準と3万円以下のプロジェクターを紹介します。

安ければ買いやすいですが、安ければその分、質も下がるのが一般的です。

プロジェクターは、3万円の価格は一つの目安になるので、このラインを基準に考えるのは良いことだと思います。

★3万円以下の予算でプロジェクターを購入するならこちら↓

スポンサーリンク

プロジェクターを選ぶ4つのポイント

プロジェクターを選ぶ時は、以下の4つを考えて選ぶと良いでしょう。

4つのポイント

  • 解像度
  • 輝度(明るさ)
  • 設置方法
  • 便利な機能

以下で説明していきます。

解像度

解像度とは、画像のきめ細やかさのことです。

解像度が高いほど映像を鮮明に投影できます。

映画やドラマ、ゲームの美しい映像を楽しむなら、対応する解像度を重視すると良いでしょう。

NetflixやYouTubeで配信されている動画はフルHDまでの映像がほとんどです。

なので、フルHDに対応していれば問題ないです。

輝度(明るさ)

プロジェクターの輝度は「ANSIルーメン」が単位

プロジェクターの輝度は、壁に投影したときの明るさを示す「ANSIルーメン(アンシルーメン)」という単位です。

商品によっては、光源自体の明るさを示す「ルーメン」で輝度が表記されている場合もあります。

しかし、「ルーメン」は算出の基準が不明確です。

「ANSIルーメン」は、アメリカ国家規格協会による統一規格であり、算出方法が定まっています。

「ANSIルーメン」で書かれたプロジェクターを選ぶと良いでしょう。

昼間も使うなら

ANSIルーメンは実際にどれくらいあれば良いか。

  • 夜間に暗い部屋でプロジェクターを使用する場合は、200ANSIルーメン
  • 明るい昼間に使う場合や、100インチ以上の大画面で映像を見る場合、500ANSIルーメン

もし、ANSIルーメンの低いプロジェクターを昼間に使う場合は、カーテンを閉めたり電気を消したりして、できるだけ部屋を暗くすると良いでしょう。

投影距離をチェック

投影距離とは、プロジェクターのレンズからスクリーンまでの距離を言います。

低価格のプロジェクターで100インチの画面を投影する場合、2〜3mほどの投影距離が必要です。

商品によって最適な投影距離や投影サイズが異なります

設置方法

設置方法は、主に2点あります。

据え置き型

据え置き型のプロジェクターは、コンセントに繋いで使用するタイプです。

高画質・高輝度なモデルが多く、はっきりとした映像を映し出せます。

しかし、サイズが大きく重たいため、持ち運びには向きません。

ポータブル型

ポータブル型のプロジェクターは、充電式バッテリーが搭載されていて、コンセントなしで使えます。

小型で軽量なモデルが多く、リビングや寝室など部屋を変えて使用したい場合や、アウトドアへ持ち出したい場合に重宝します。

便利な機能

OS搭載モデル

OS搭載のプロジェクターは、Wi-FiさえあればYouTube、Netflixといった動画配信サービスを視聴できます。

もしOS非搭載の場合は、スマートフォンやFire TV Stickなどのデバイスに接続する必要があります。

OS搭載ならほかの機器を用意する必要が無いので、手軽に使用できます。

台形補正機能

台形補正機能は、スクリーンの真正面にプロジェクターを置けない時に使える機能です。

画面の歪みを補正して、斜め方向からでも見やすい画面を投影できます。

自動補正と手動調整の2つのタイプがあります。

オートフォーカス機能

オートフォーカス機能は、画面のピントを自動調整してくれる機能です。

プロジェクターを移動させる回数が多い場合には重宝します。

手動でのピント調整が面倒だと思う人には、助かる機能です。

3万円以下のおすすめプロジェクター5選

3万円以下のプロジェクターは、意外と多いです。

質的にも良いものがあるので、自分に合ったものを選びましょう。

プロジェクター GROVIEW 10000lm

プロジェクター GROVIEW 10000lmの特徴

  • 鮮明でリアルな色合いや驚くほどの解像度
  • 無遅延で大迫力の映画やゲームを満喫
  • 臨場感溢れる映像を大画面
  • LEDで省エネで長持ち
  • カメラで赤ちゃんを見守る

口コミや評価

  • この値段ならアリです。
  • 初めてのプロジェクターでしたが、満足しています。
  • 4K入力に対応していてコスパが最高です。

★臨場感ある映像を大画面で楽しむなら↓

FunLogy HOME2

FunLogy HOME2の特徴

  • たしかな明るさ
  • 投影場所はスクリーン以外にも
  • 画面の隅までピント補正
  • いろいろなデバイスに対応
  • シーンに合わせた幅広い使い方
  • 軽くて小さいサイズ

FunLogy HOME2の口コミや評価

  • 推してる人間や作品がある方には絶対オススメ。
  • 拍子抜けするほど使い方が簡単でした。
  • 選んだポイントは、台形調整が出来ることでした。

★シアタールームに最適です↓

プロジェクター 家庭用 高輝度600ANSI 20000lm

プロジェクター 家庭用 高輝度600ANSI 20000lmの特徴

  • 幅広い互換性
  • 環境に優しいタッチキー設計
  • 映画館の臨場感と迫力が自宅で再現できる

★コスパの良いプロジェクター↓

 

TOKAIZ スマートミニプロジェクター

TOKAIZ スマートミニプロジェクターの特徴

  • 日本TOKAIZ正規品 日本語メニュー 日本語説明書付き
  • 最大4k入力までサポート
  • 高性能4コアCPU+2GBRAM
  • タッチパネル操作+リモコン操作+スマホ操作
  • 四点補正機能、どんな角度でも正しく補正できる
  • 自動台形補正機能、設定ナシ、自動で調整してくれる
  • スマホよりもコンパクト、わずか188g
  • アンドロイド搭載
  • 動作音が静か
  • 3d投影サポート

 

WiMiUS プロジェクター小型 高輝度15000ルーメン 5G&2.4Gwifi

WiMiUS プロジェクター小型 高輝度15000ルーメン 5G&2.4Gwifiの特徴

  • 素晴らしい自然の風景を楽しめる
  • ワイヤレスの自由
  • 様々なBluetooth機器とかんたん接続
  • USBメモリでコンパクトなビデオ会議を実現

WiMiUS プロジェクター小型 高輝度15000ルーメン 5G&2.4Gwifiの口コミ

  • 本体のスピーカーの音質が良くて、値段以上の性能です。
  • 画像がキレイだし、音も良かったので、YouTubeを大画面で観て子供たちも喜んでいました。
  • 機械音痴の私でも、使えるようになりました。

▼音の良さが魅力です。

 

プロジェクターで3万円以下のおすすめ まとめ

プロジェクターは、価格の安いものから高いものまでありますが、自分の要望に合ったものを選ぶのが大切です。

3万円以下の価格のものはあるので、今回挙げた4つのポイントを考えながら選ぶと間違いはないでしょう。

4つのポイント

  • 解像度
  • 輝度(明るさ)
  • 設置方法
  • 便利な機能

 

★3万円以下の予算でプロジェクターを購入するならこちら↓

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-お役立ちグッズ