お役立ち

羊のいらない枕の洗い方は?

※アフィリエイト広告を利用しています

「羊のいらない枕」は、テンピュール素材のような低反発ウレタンフォームを使用している枕ですね。

これらの素材は特殊で、洗濯機で洗うと素材を損傷する可能性があるため、以下の方法で手入れを行います。

スポンサーリンク

羊のいらない枕の洗い方

1. 枕カバーの洗濯

  • 手順:枕からカバーを外し、洗濯機で通常の洗濯モードで洗います。
  • 洗剤:中性洗剤を使用。
  • 乾燥:自然乾燥か、乾燥機を使用する場合は低温設定にします。

2. 本体の手入れ

本体は水洗いしないでください。水洗いすると、素材が変質し、復元できなくなる可能性があります。

推奨される手入れ方法

A. 表面のホコリや汚れの除去
  • 手順:掃除機で表面のホコリを吸い取ります。掃除機のブラシアタッチメントを使うと効果的です。
B. 軽い汚れの拭き取り
  • 手順:水を少量含ませた柔らかい布で、汚れた部分を軽く拭きます。必要に応じて、中性洗剤を少量使って汚れを落とし、次に清潔な水を含ませた布で洗剤を拭き取ります。
  • 注意:布はしっかり絞って、水分が最小限になるようにします。枕が濡れないように注意してください。
C. 消臭・除菌
  • 方法1:布団乾燥機を使う
    • 手順:布団乾燥機で、枕本体を乾燥モードで軽く乾燥させることで、消臭や除菌効果があります。高温は避け、低温や涼風モードで行うのが良いでしょう。
  • 方法2:日陰干し
    • 手順:風通しの良い日陰で数時間干します。直射日光は素材を損傷する可能性があるため避けます。
  • 方法3:消臭スプレーの使用
    • 手順:布用の消臭スプレーを使って表面を軽くスプレーします。あまり濡らしすぎないように注意します。

3. 長期的な手入れと保管

  • 保管方法:使わないときは、直射日光が当たらない涼しい場所に保管してください。
  • 枕カバーの使用:カバーを常に使用することで、本体の汚れを防ぎ、手入れが簡単になります。カバーは定期的に洗濯します。

まとめ

「羊のいらない枕」などの低反発枕は、直接水洗いせず、汚れた場合は部分的に拭く程度に留めます。

掃除機や布団乾燥機、消臭スプレーなどを使って手入れし、カバーを定期的に洗濯することで清潔を保ちましょう。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-お役立ち